事故車でも専門の販売店なら買取できる【専門店に相談】

メニュー

車を安く買う

事故車

事故を起こした車

車を安く買う方法のひとつに事故車という選択肢があります。一般的に事故車といえば事故を起こした車といったイメージがありますが、実際のところはフレームにまで及ぶ影響の事故を受けた車が事故車という扱いになります。そもそも車は頑丈に作られており、衝突事故でなければフレームまで影響することはありません。このため擦ってしまったり、ちょっとぶつかった程度では事故車という扱いにはなりません。さらに取り外しができるドア、ボンネット、バンパー、フロントフェンダーなどが傷ついても車体にはなんら影響がないため事故車という扱いにはなりませんが、反対にそれ以外の場所にダメージを負った場合には事故車になります。事故車といってもその受けたダメージの程度によって異なってきます。現在の自動車はモノコックとなっており直接車体を支えています。この支えている部分にまで被害が及んでいる場合には走行時にまっすぐ走れないといった症状が現れますが、それ以外の場所であれば影響はほとんどありません。とはいえ、販売される中古車の中では事故車は問題のある車として見られ価格も低くなります。また販売店も車を販売する以上は不具合のある事故車を避けたい傾向にあるため、取り扱い量も多くありません。しかしまったく販売されていないわけではないので、特に格安で売られている場合には事故車である可能性が高いものです。このような車を購入するさいには事前に試乗させてもらい走行に対する不具合が出ていないか確認することが大切です。

Copyright© 2018 事故車でも専門の販売店なら買取できる【専門店に相談】 All Rights Reserved.