事故車でも専門の販売店なら買取できる【専門店に相談】

メニュー

車内泊が今ブームに

キャンピングカー

需要が高い今が売り時

観光資源が多い広島では、キャンピングカーを利用して県内を旅行する観光客が増えています。そんな風にキャンピングカーが利用されるようになった背景としては、宿泊施設の圧倒的な不足にあるようです。現在広島で民泊を実施している施設は900以上存在しますが、その多くは現在非公開または募集停止の状態になっています。これは平成30年6月15日に施行された住宅宿泊事業法の影響によるものが多く、法的に条件を満たしていなかった民泊が営業できなくなったのが原因です。宿泊施設は他にもホテルや旅館がありますが、安い費用で宿泊したい海外からのバックパッカーには受けがあまり良くありません。そのため最近では、キャンピングカーを借りて広島県内を旅行する観光客が増えています。行政やレンタカー会社もこの流れを受けて、キャンピングカーを停められる駐車場やキャンプ場の整備を急ピッチで行っている最中です。今後はこうした需要の増加に伴って、広島以外でも中古キャンピングカーの売買が増えると予想されています。もし今の段階で使用していないキャンピングカーをお持ちなら、今が最大の売り時なので査定してもらうことをおすすめします。買取は広島県以外にも全国に渡って募集が多いので、できるだけいろいろなお店に査定を頼んで比較してみるようにしましょう。日本国内でキャンピングカーの需要が高まる機会というのはそうそうないので、この絶好の機会を逃さないようにするべきです。

Copyright© 2018 事故車でも専門の販売店なら買取できる【専門店に相談】 All Rights Reserved.